ネコが食べると危ないモノ

「イヌはネギ類がダメ」というのはよく知られていることですが、実はネコにとっても有毒なのです。

「キャットフードは何が入っているかわからない」とネコのごはんを手作りする人も多いようですが、食べてはいけないものを知らないと手作りごはんも逆効果。

その他にも注意するモノがあるようなので調べてみました。

ネコが絶対食べてはいけないモノ

ネギやタマネギ、ニンニクなどのネギ科の植物はネギ中毒(溶血性貧血)になり、血尿や嘔吐などの症状が出ます。

ナマでも加熱しても同じなので、ネギ科の食材あるいはこれらが入った料理は与えてはいけません

自然に治ることが多いようですが、年齢や体調によっては死に至ることもあるそうです。

ナマのイカやタコは、急性ビタミンB1欠乏症の原因となります。

食欲が落ちたり嘔吐したりといった症状の後、正常に動けなくなったり痙攣を起こしたりし、やがて死へとつながってしまいます。

加熱すれば大丈夫だそうですが、イカやタコは消化が悪いのであまりオススメできません。

もしイカやタコをあげるのなら「加熱したものを少量」がいいようです。

その他、チョコレートやコーヒー、お茶などのカフェインが含まれるものは、下痢や嘔吐、痙攣などを引き起こし、死亡するケースもあります

アワビなどの貝類、生卵の白身などもNG。卵は、加熱すればOKです。

喉に刺さったり詰まったりする恐れのある魚や鶏の骨もキケン

加熱した魚や鶏の身は食べても大丈夫なので、骨を取って身だけをあげてください。

ただし、青魚は適量に

青魚に含まれる不飽和脂肪酸はヒトにもネコにもいい成分ですが、ネコが摂取しすぎると脂肪が酸化し、炎症を起こす黄色脂肪症になってしまうからです。

ブドウやレーズンは腎不全を起こす可能性があります。

ワサビやトウガラシなどの香辛料、塩分の濃い食べ物、糖分の多いお菓子などもダメです。

好むネコもいると思いますが、添加物が入った加工品(ちくわなど)もオススメできません。

意外なキケンなもの

「これもキケンなの!?」と思うような意外なモノもあるんですよ。

ネコは草を食べますよね。うちのMは、お花を飾るとすぐにかじってしまいます。

ところが、ネコにとってキケンな植物はけっこうあり、嘔吐や下痢などを引き起こす場合があるのだそうです。

ユリ科の植物は中毒の原因となり、死を招く恐れがあります。

身近なところでは、サツキやスイセン、スズラン、チューリップなどもNGです。

OKの植物でも除草剤などがかかっているかもしれないので、「ネコ草」を用意してあげるのが一番でしょう。

部屋に置く観葉植物にも注意が必要ということですね。

ニンゲン用の薬はもちろん、サプリメントも与えてはいけません

ニンゲンにいいからとネコにあげてしまうと、死に直結する恐れもあるのです。

ペットにはペット用の薬やサプリメントがちゃんとありますから。

アルコールもNG。ホンのちょっとの量でも小さなネコにとっては大量飲酒となり、アルコール中毒になるかもしれないのです。

アロマ(精油)もネコにとっては毒性といわれており、特にティートゥリーや柑橘系はキケン

精油をネコに直接付けたり飲み水に入れたりすることは絶対にやめてください

アロマを楽しみたいのなら、ネコが入らない部屋で炊いたり換気をよくしたりと気を付けましょう。

他にもキケンなものはあります。獣医さんに聞いたり、本やネットで調べたりしてみてくださいね。

コメントを残す

このページの先頭へ