ネコのごはん(キャットフード)について

ネコ5匹いる我が家はごはんを1匹ずつ別々にあげることができないので、みんな同じ種類のフードを食べさせています。

仔猫用フード

産まれた直後はママネコのお乳を飲むので、ニンゲンは仔猫にごはんをあげることはありません(ママネコがいない場合は、仔猫用のミルクが必要のようです)。

生後1ヵ月前後から離乳時期となるので、仔猫用のフードを用意。

はじめは、仔猫用缶詰や仔猫用のドライフードを水でふやかしたものをあげます。

仔猫用フードは、仔猫に必要な栄養やカロリーが摂取できるように作られているので、生後1年くらいまで(最低でも生後半年まで)は仔猫用フードをあげるようにします。

うちのコたちは最初からドライフードのみですが、ママネコと一緒にいるのでお乳がメインで、ふやかしたドライフードを日に1回あげていました。

ママネコがいるとホント助かりますね。

だんだんドライフードのほうが多くなり、堅いカリカリのまま食べられるようになっても、生後4ヵ月くらいまではママネコのお乳にも吸い付いていました。

その頃になるとママネコUは、子どもが近付くと逃げていったり、お乳に吸い付く子どもたちを軽く蹴飛ばしたり・・・。

乳離れをさせようとしているのでしょうね。

女のコたちのほうが、乳離れが遅かったように思います。

ちなみに、お乳を吸われていた頃のUのお乳の周りは毛がなく、黄色くなっていました。

今のUは、ふさふさで真っ白な(少しぽってりとした)お腹ですけどね。

症状別フード

1年も経てば成猫用のフードでOK。

ペットフードは、味・機能(症状別や年齢別など)・カタチ・値段が本当にいろいろ。おやつもあります。

我が家はおやつはあげません、というかキャットフード以外はほとんど欲しがらないんです。

たまーに、Kが魚の身を一口食べたり、Gが納豆のパックを舐めたり、Cが魚や肉やノリを盗み食いしたりしますが、本当にたまのことで基本的にはキャットフードのみ。

はじめは、5匹もいるからと安いキャットフードだったのですが、Mが尿路結石になってからは尿路結石の予防フードです。

ネコ(特にオスネコ)は尿路結石になりやすいので、他のコもみんな同じものです。

獣医さん推薦のフードで、街中のペットショップやホームセンターなどではほぼ買えないので、動物病院のネットショップでいつもまとめ買い。

以前の安いフードに比べると3,4倍はするので、少しでも安く買えるネットショップを探しています。

しかも、4kgの大袋。大袋のほうがオトクですからね。

1種類だけだと飽きるようなので、2,3種類をローテーションしています。

我が家は尿路結石(ストルバイト結石)予防ですが、他にもいろんな症状や体調に合わせたフードがあるので、獣医さんに相談しつつ、どのフードにするか選ぶと安心だと思います。

何種類かの試供品ももらえるので、ネコちゃんの好みも考えてあげましょうね。

7,8歳頃からは、シニアフードを考えないといけないかな?

コメントを残す

このページの先頭へ