獣医さんからのアドバイス

ネコを連れて獣医さんに初めて行ったのは、ママネコUの避妊手術のため。

初日は検査をしてワクチン接種をして手術の日取りを決め、今度は手術当日と翌日の退院のお迎え。

あと、ワクチン接種の初年度は2回しなければならないとのことで、2回目のワクチンに行きました。

子どもたちはワクチン接種はせず、検査と去勢・避妊手術のみ。

その通院の中で、獣医さんに言われたことがあります。

多頭飼いは大変ですよ

ママネコUを連れて行ったときに子どもが4匹いると告げると、ネコの多頭飼いは大変だからすぐに里親を探すように言われました。

その言葉に「一生懸命探してやっと2匹もらってもらえたのに」という反発心が芽生えましたねぇ。

現在、多頭飼いで良かったと心から思っているので今でも獣医さんに反論したいけど、獣医さんとしてはお金も手間もかかることがわかっているから、責任を持って世話できるのか?という気持ちがあったんでしょうね。

多頭飼いであることや診察には費用がかかることをじゅうぶん配慮してくれつつ、多頭飼い割引をするから「できれば」ワクチン接種を全員に受けさせてほしいと言われました。

ワクチン接種は病気を予防するためのもの。例えば風邪をひきにくくなるし、ひいてもすぐ治るそうです。

ただこのときは手術が最優先だから、子どもたちのワクチン接種は曖昧にしてしまいました。

獣医さんから生活についてのアドバイス

ワクチン以外のことも話がありました。

ネコは自分でお手入れするからお風呂はあまり入れなくても大丈夫なこと。

1,2年に1回くらいでもいいと言っていたような気がします。

(ただし、これはネコの立場でのアドバイス。ネコアレルギーの人がいれば、もう少し短い期間でお風呂に入れたほうがいいです。)

また外に出すと、ノラネコに病気をもらう可能性があるし、ノミやダニが付きやすいし、事故に遭う恐れもあるから完全室内飼いにしてほしいとのこと。

意外だったのが、カツオブシや煮干しをあげ過ぎてはいけないということ。

膀胱や尿道に良くないのだそうです。

ネコには当たり前の食べ物だと思っていたので驚きました。

ネコは膀胱や尿道の病気になりやすく、特にオスは尿路結石が危ないから、おしっこの様子がおかしかったらすぐに連れて来てと言われました。

K病院のK先生は、話が長いと有名で、ソフトな話し方で厳しいことを言います。

そんなK病院やK先生に、とんでもなくお世話になることになろうとは・・・。

コメントを残す

このページの先頭へ